お墓の生前購入と死後購入、どちらが得か?

墓地・霊園

 最近、終活の一環として、ご自身が生きている生前にご自分のお墓を自分で決めて購入(準備)される方が増えております。

 生前にお墓を購入(建てる)することは「寿陵(じゅりょう)」と呼ばれ、古来中国て゛は、「長寿」や「家内円満」「子孫繁栄」につなか゛り、幸福を招くといわれ、縁起の良い こととされておりまますが、実際のところ、生前にお墓を購入する「生前建墓(せいぜんけんぼ)」と、亡くなった後にお墓を購入するのでは、どちらが得なのでしょうか?

 そこで今回は、生前にお墓を準備する場合と、死後にお墓を購入する場合を比較し、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介させていただきます。

 お墓を生前に購入することを「生前建墓」と言います。
生前建墓をおこなうことで、下記のようなメリットが得られます。

遺された家族への負担が軽減される
 ご家族を亡くした時にご遺族にかかる負担は、葬儀の準備や参列者の対応や後片付けや遺品整理など計り知れず、体力も使い、精神的にも大きなストレスとなります。
そこでお墓だけでも生前に準備しておけば、残された方達の負担を軽減することができます。

ご自身の希望するお墓を建てることが出来ます
 生前墓では、墓地の場所の選定や、石材や、お墓のデザインなど、妥協することなく、ご自身が納得できるお墓を建てることができます。
また、時間的な制限がないので、慌てることなく時間をかけてゆっくりお墓を探し比較検討することができます。

節税対策になります
 お墓購入のために準備していた資金なども含め、ご遺族が故人の財産を受け継ぐと、その財産に対して相続税が課せられますが、生前に建てられたお墓や仏壇、位牌などは「祭祀財産」となるため、相続税が免除されるので、ご遺族への相続税の負担を軽減するために、生前墓を購入しようと考える方もいるようです。

 逆に「生前建墓」のデメリットとして挙げるとすると、次のようなことが考えられます。

維持費が余分に必要となります。
 生前墓は、納骨されていなくても、お墓を確保した時点から維持費(管理費)やメンテナンス費用、 お布施などの様々な費用が発生しますので、誰も埋葬されていないお墓のために維持費を支払うことが負担と感じることがあります。

納骨に期間制限などある場合がある
 墓地や霊園など、施設によっては、「お墓を建てた場合は、○年以内に納骨しなければならない。」など、独自の規定(ルール)を設けている場合がございます。
後々トラブルにならないように、事前に規定などを確認することが大切です。

後悔することがある
 早めにお墓を建てると、お墓を建てた後に、もっと条件の良い霊園や墓地が見つかることがあります。
そのようなことにならないように、慌てずにご家族とよく話し合い、条件面など詳しく精査した上で、ご家族の皆様がお互いに納得できる生前墓を建てることが大切ではないでしょうか。

 生前建墓と比べ、死後にお墓を建てる場合のメリットについてはほぼありませんが、あえて挙げるとすると下記の点になります。

メリット1
 生前建墓のデメリットで説明しましたが、生前建墓の場合、お墓を確保した時点で維持費が発生しますので、どうしても無駄な費用がかかります。その点、死後にお墓を建てた場合は、その事前の維持費が必要ないので、費用を抑えることが可能です。

メリット2
 これはメリットといえるか分かりませんが、墓地や霊園の中には、実際にお亡くなりになってご遺骨が手元にないと応募できないところがありますので、そういう墓地や霊園への建墓を希望される場合は、死後に申込む必要があります。

 逆に、死後にお墓を建てる場合のデメリット面は下記になります。

お墓購入費用の資金が相続税の対象になる
 お墓の生前購入のメリットで説明させていただいたように、故人がお墓を建てるために準備していたお墓の購入資金(現金)は相続税の対象になりますので、注意が必要です。
同じお墓を購入するにしても、お墓購入のための資金をお金で残すか、生前に購入しておきお墓で残すかによって相続税の課税対象なのか、非課税なのかが変わってきます。
※なお、相続税は全ての相続財産に課税されるわけではなく、遺産として相続される財産が「3000万+600万×相続人の数」以上の場合のみ課税対象となります。(2020年7月現在)

家族に負担をかける可能性がある

 生前建墓のメリットでご説明しましたが、ご家族を亡くした時のご遺族のご負担は、葬儀の準備や遺品整理など精神的・肉体的に大きな負担がかかります。
もしご自身が入るお墓が無いと、お墓探しからお墓の購入・ご納骨と、さらに多くの負担をかけてしまうことになります。

 以上のように、死後にお墓を購入(建墓)するより、生前の元気なうちにお墓を購入(生前建墓)しておくことで、ご家族の負担軽減など様々なメリットが得られますので、終活をお考えの方は、ご家族のためにも、ぜひ、お墓の生前建墓(購入)をご検討なさってみてください。

 終活のすすめでは、今後も最新の終活情報を配信していきますので、ぜひ定期的にご訪問いただき記事のチェックなどよろしくお願いします。
【 過去の記事 】 記事一覧はこちら >>

今話題の「墓友」について

 終活の関連ワードとして、ここ最近よく耳にするのが「墓友(はかとも)」という言葉です。数年前には、「墓友」をテーマにしたオムニバスドラマ(世にも奇妙な物語)...

墓地・霊園 

散骨葬で注意しておきたいこと

 少子化と核家族化が進む日本において、お墓の承継者がいない方やお墓でご家族に迷惑を掛けないということと、自然回帰を望む人が多くなっていることから、最近、「散...

葬儀 

散骨葬のメリットとデメリットについて

 本日は、「樹木葬」と同様に自然葬の中でもう一つ代表的な葬送「散骨葬」にスポットを当てて、「散骨葬のメリットとデメリット」についてご紹介させていただきます。...

墓地・霊園 

自然葬のメリットとデメリットについて、その1(樹木葬のメリット・デメリット)

 従来より、お墓は『先祖代々、ご家族が一緒に眠る場所』とされてきましたが、近年、少子化が進む日本において、お墓の継承者がいない人や、お墓のことで遺されるご家...

墓地・霊園