「家じまい」についてお教えいたします

終活全般

 終活の一環として「家じまい」という言葉を耳にすることが増えてきました。
今回は、その「家じまい」について解説したいと思います。

 今までは住みやすかった一戸建てのご自宅が、今後の老後生活を考えると、不便だったり住みにくかったりと、不安と不満を感じている方も少なくないと思いますが、日本では「家は代々継ぐもの」が当たり前とされ、不便や不満を持ちながらも住み続け、代々子供に継いでいくのが従来からの常識とされてきました。

 しかし、少子高齢化が進む現在の日本において、一戸建ての実家を継ぐ子供がいないや、子供がいても一戸建ての実家を継ぐ意思がないなどで、家を継ぐ人がいなく空き家になってしまうケースが増加しており、社会の問題となっております。 

 また、高齢になり身体機能が衰えるてくると、ちょっとした段差につまづいたりして思わぬ怪我を招くこともあります。
体力の低下に伴い、広い一戸建ての掃除や庭の手入れもこなしきれなくなってきます。
そうならないためにも、健康なうちに不便となった一戸建てのご実家を処分することを、「家じまい」と言います。

 「家じまい」でご実家(一戸建て)を処分して得た売却益は、皆さん、老後のために新たな住居を購入したりサービスの整った介護施設に移ったりなど、老後の生活資金に充てられるようです。 

 「家じまい」をされる場合、最も重要なのは、「早めに行動する」ことです。
いざご自宅の一戸建てを売却しようとしても、一戸建てはすぐに売れるわけではありません。
また、急いで売ろうとすると価格を下げる必要があるので損をすることになりますので、「家じまい」を考えるなら、出来るだけ早めに決断して、ゆっくり時間をかけてご自宅を売却することをおススメします。

 「家じまい」により、ご自宅(一戸建て)を売却した資金は、下記のような用途で使い方が多いようです。

【家じまい資金の用途】
1、セカンドライフに合った住居への住み替え
・一回り小さな一戸建ての購入やマンションへの転居

2、介護施設への入居
・介護付き老人ホームやサービス付き高齢者住宅などへのご入居

3、介護サービスの利用
・訪問介護やデイケアの利用

4、葬儀の生前予約・生前契約
・ご自身の葬儀を葬儀会社と打合せして、生前に予約・契約して費用を供託して預けておく

5、お墓の準備・購入
・ご自身が入るお墓が無い方は、生前にお墓を建墓して準備しておく

6、シニア旅行に行く
・ご夫婦2人で海外旅行や世界一周旅行など、思い出作りに行きたかったところへの旅行

 このように、「家じまい」をしてご自宅の一戸建てを処分することは、決してマイナスの行為ではなく、豊かでゆとりのある老後のセカンドライフのために行うことなのです。
また、誰も住む予定のない一戸建てを残してしまうと、遺されたご家族にとって大きな負担となります。

 住み慣れた我が家を手放すことは、悲しい思いもあるかと思います。
しかし、家を継ぐ子供がいない方は、ぜひ一度、ゆとりのある幸せな老後のセカンドライフを手に入れるために、終活の一環として「家じまい」について考えてみてはいかがでしょうか? 

 今回は、「家じまい」について解説させていただきました。
皆さまの終活のお役に立てましたら幸いです。

終活のすすめでは、随時、最新の終活情報をご紹介させていただきますので、定期的にご訪問いただきチェックしてください。
【 過去の記事 】 記事一覧はこちら >>

ご自宅にお墓「宅墓(自宅墓)」について

 近年の日本において、少子高齢化が進み単身家庭や核家族が増えていることが背景で、お墓の承継者がおらずお墓の維持や管理が困難になり、墓じまいをして改葬する方が...

墓地・霊園 

閉眼供養についてお教えします

 新らしくお墓を建てたときや、仏壇を新しく購入したときなどに行う供養のことを「開眼供養(法要)」といいますが、逆に、お墓を閉じる墓じまいをする時やお墓を改葬...

墓地・霊園 

永代供養の基本について

 最近、少子化や核家族化が進み、「子どもがいないのでお墓を管理してくれる人がいない」や、「お墓のことで家族に迷惑を掛けたくない」という理由で、「永代供養」が...

墓地・霊園 

個人墓についてお教えします

 最近、大都市や過疎化が進んだ地方で、結婚しなかったり、ご家族や親族と疎遠になって一人暮らしをしている高齢者方が増えており、そのような背景から『お墓は個人(...

墓地・霊園